スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッカム、イングランドの2018年のワールドカップの立候補を手渡す 

国際的なフットボールの肖像、デイビッド・ベッカムは、彼が望むFIFAが2018年のワールドカップをイングランドに決定する事を説得することになるだろうその1752ページの立候補の目録を届けた。
BBC SPORT



ロシアとオーストラリアも立候補しているその2018年と2022年の開催国は、12月2日に発表されるだろう。


イングランドは2018年と2022年のワールドカップの開催国に立候補しているそうで、ベッカムが代表としてその立候補をFIFAに届けたそうです。昨日が立候補の締切日だったようですね。日本も2022年の開催国に立候補しているようです(また韓国も立候補しているようですが)。50年ぶりにイングランドでワールドカップが開催されたら素晴らしいですね。ベッカムも元気そうで良かったです。



1年前の記事:
それがなぜ自分達がチャンピオンであるかだ







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unitedeveningnews.blog78.fc2.com/tb.php/1334-f0a0cef7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。