スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チコ、欠乏のあともう少しでやめるところだった 

マンチェスター・ユナイテッドの新しいヒーロー、ハビエル・エルナンデスは、昨年やけになってもう少しで彼のトップレベルの経歴にタオルを投げるところだった。
The Sun



22歳のメキシコの得点の達人、チチャリートは、日曜日のストークとの対戦での印象的な2得点により、彼の新しいクラブのプレミアリーグのタイトルを起動に押し戻した。


火曜日のウルブズとの対戦でも活躍し、一躍ヒーローになったエルナンデスですが、去年の初めにはトップレベルのフットボールからは引退しようかとも考えていたようです。2年間ファーストチームで得点がなく、ワールドカップで活躍し”チチャーロ”として知られる父親に、大学に戻ってフルタイムの学生になるのも良いかなと訴えたようですね。しかし父親と、これまたメキシコのワールドカップのスターのお祖父ちゃんは我慢するように説得し、そしてそのあとチームの得点王になり、ユナイテッドに移籍して、ワールドカップでの活躍になったそうです。これからさらに大活躍して欲しいですね。地元のグアダラハラのナイキストアには、広告でエルナンデスの顔とスローガンの'The future of an entire nation is at your feet.' が表示されているそうですが、その横には'You leave as a hero, return as a legend'と書かれてあるそうです。


1年前の記事:
得点者、勝利を味わう







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unitedeveningnews.blog78.fc2.com/tb.php/1501-a55251ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。