スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンチェスター・シティの”ユナイテッド”・スタジアム 

アラビア語の”エティハド”は、英語で”ユナイテッド”という意味なのだろうか?
Manchester Evening News



マンチェスター・シティによるクラブがスタジアムの名前をイーストランドからエティハド・スタジアムに変える契約に合意したという発表は、フットボールファンから、ブルーズは自殺点を献上したという物議を醸し出した。


シティは何百万ポンドという高額でスタジアムの命名権をアラブのエティハド航空に売ったようですが、そのためシティのスタジアムは、”エティハド・スタジアム”と名前を変えたようです。しかしアラビア語で”エティハド”というのは、英語で”ユナイテッド”という意味だったようですね。厳密に言うと”エティハド”は名詞だそうで(”ユナイテッド”は形容詞)、英語では”ユニオン”とか”ユニティ”と翻訳されるようです。しかしそれよりもシティは巨額の資金をさらに得るようで、チャンピオンズリーグにも出場するし、これから大きな脅威となるかもしれませんね。


1年前の記事:
フレッチャー、新しいシーズンを渇望









スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unitedeveningnews.blog78.fc2.com/tb.php/1770-39a73ec9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。