スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアリーグの鷹の目の試験 

プレミアリーグはボールがゴールラインを越えたか越えなかったか測定するホークアイ・システムを試合でそれを使いながら実地検証をして試験する。
BBC SPORT



ポール・ホーキンスはクリケットとテニスの重要な決定に使われるシステムを発明して、そのボールを追跡する装置はレディングのアカデミーで試験的に使われる事になる。「我々はプレミアリーグとシステムを開発する契約をした。それは完全にレフリーの為の物であり、テレビの為の物ではない。」とホーキンスはBBC・ファイブ・ライブ・スポーツに語った。


ウィンブルドンやクリケットの試合で使われているそのホークアイ・システムがプレミアリーグによりフットボールで使うために試験が開始され、早ければテニスと同じように2年で使えるようになるみたいです。しかしIFABによるとその技術には100%の正確性が必要で、しかもゴールラインの判断に限り使用されるようです。オフサイドの判定やビデオリプレイには使用されないみたいですが、少なくともこんな珍プレーは無くなる事になりそうですね。




スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unitedeveningnews.blog78.fc2.com/tb.php/281-e1eca191

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。